nutrition

  • Release
  • 美肌を壊す最大の敵!!その正体とは?

美肌を壊す最大の敵!!その正体とは?

女性を美しく魅せる大切なポイントである美肌。意識の高い方ほど様々なお手入れをされている場合も多いのではないでしょうか?
ですが、外側からのアプローチやサプリメントでのケアだけでは不十分。
自分でせっかくのお手入れを台無しにしてしまっているかもしれません!
今回はそんな美肌と血糖コントロールに関してシュガコン管理栄養士の川島がお話したいと思います。

美肌を壊す最大の敵!!その正体とは?

シュガコンとは

今話題の血糖コントロール=SugarsControl略して“シュガコン”
病気の予防だけでなく、健康的に痩せたい方、いつまでも美しくいたい方、仕事のパフォーマンスを上げたい方・・・
1年で実は約1095回も食べている食事。
それを見直して自分にあった食事の摂り方に工夫するだけで日常における様々な不調を解消することができます。
実際に自分の身体のモニタリングを行うからこそわかる、オーダーメイドの食事法。
我慢をやめていつまでも健康に生き生きと輝ける秘訣がつまったメソッドです。

↓↓↓シュガコン公式HP↓↓↓
https://laviena.me/

▼【この記事はこんな方にオススメです】

・血糖コントロールに興味のある方
・不調を改善したい方
・肌が荒れやすい方
・美容に気を使っている方
・老けたくない、いつまでもきれいでいたい方

第1章~血糖コントロールできないと増えるもの~

血糖コントロールができていないと身体の中で何が起こるかという事に関してはコントロールが大事!血糖値を調整してくれるホルモンでご紹介しました。
これについてもう少し詳しくお話します。
血糖値が高い、というのは血液中にたくさんのブドウ糖があるということです。
実はこの時に私たちの身体にとってはうれしくないことが起こってしまいます。
それが“糖化”と呼ばれる現象です。
具体的にはタンパク質に糖がくっついてAGEsと呼ばれるものを作り出してしまうことです。
第1章血糖コントロールができないと増えるものAGEsイメージ図


私たちの身体は約60%がタンパク質で作られているので、糖がたくさんあるとAGEsはどんどん増えてしまいます。
糖化は身体のコゲとも言われ、よくホットケーキの例で説明されるのでご紹介します。
皆さまホットケーキを作るとき何を混ぜるでしょうか?
小麦粉+砂糖+卵+牛乳、、、いろいろバリエーションはあるにしろ、主な材料はこのくらいかと思います。
ここで小麦と砂糖は糖にあたり、卵と牛乳はタンパク質です。
これらがくっつき、焼いて熱が入ることによっておいしそうな焼き色(コゲ)が出来上がります。
この焼き色(コゲ)こそがAGEsになるのです。
第1章:血糖コントロールができていないと増えるものパンケーキイメージ画像

ですからおいしそうな焼き色のものはだいたいAGEsが作られてできているという事になります。
(キャラメリゼ、と呼ばれる砂糖を焦がしただけのものはまた別です。)
もちろん体内ではフライパンほど高い温度にはならないのですが、体温くらいの温度でも糖化は十分起こります。

第2章~美肌とAGEsの関係~

では糖化とAGEsがどうして美肌に関係してくるのでしょうか?
身体の60%はタンパク質、と言いましたが、その中には肌や髪も含まれます。
第2章美肌とAGEsの関係美肌イメージ画像

その肌や髪のタンパク質に糖がくっついてAGEsができてしまうと本来のハリや弾力が失われる、コゲの色からもわかるように色がくすんできてしまう、ということが起きます。
つまり、糖化が進むとシミやシワが増え、髪もパサパサになる=老化が進むという事になります。
ですからどれだけ高い基礎化粧品を使っていても、エステに通っていても、血糖コントロールができていないと身体の内側から自分で老化を進めていていることになるのです!!

まとめ|シュガコンからのお知らせ

いかがでしたか?
本日はシュガコン管理栄養士監修の「美肌を壊す最大の敵!!その正体とは?」についてご紹介させていただきました。
せっかくのお手入れを無駄にしてしまうのは本当にもったいないです!
どうせやるなら内側からのケアとセットが大切だという事がお判りいただけたでしょうか?
次回は、AGEsを増やさないためにどうしたらいいのかついてお話したいと思います!

Information

CATEGORY

健康的なダイエットのこと
シュガコンの取り組みをお届け

Join us!

SUGARS CONTROL DIET METHOD

SNSで話題
『キレイを目指す女子達の
ヒミツの新習慣プチレッスン♡』

Copyright © 2019 Sugars Control Diet